Loading

STUDIO

世界水準を、渋谷の中心で

比類なきピュアな音質を生み出し、至高のレコーディングとミックスダウンを可能にする、
Pro Tools HDX / Pro Tools MTRXを核とした
最先端・最新鋭のシステム環境。

Rec・Edit・Mix、様々なワークフローに対応し、
録音キャパシティや目的によってフレキシブルに
使い分けと組み合わせが可能な、
大中小と独立した3ブース+Sound Lock。

ミュージシャン・アーティスト・クリエイター・プロデューサー・ディレクター
クライアント・エンジニアそれぞれの感性を刺激し、
プロジェクトや楽曲の魅力と可能性を最大限に引き出すためにデザインされたスタジオ空間。

業界の世界的権威の一人であるエンジニア、
トニー・マセラティ氏と、

スタジオ設計や音響工学にも造詣が深いエンジニア、
古賀健一氏の両氏を監修・コンサルに迎え、

常に最高峰の音を作りつづけているトニー氏の経験と
古賀氏の知見、そして両氏の一流の耳によって細部までこだわり抜かれた、
音響設計とルームチューニング。

世界水準で設計された録音・モニタリング環境と、
居心地の良い居住性・ホスピタリティーを
両立したVersion Studioは、音の入口から出口まで
一貫したハイクオリティーを追求できる制作環境を、渋谷の中心で提供致します。

徹底されたルームチューニングと最新鋭の機材

メインスピーカーはPMC IB1S-AIII、サブモニターにAMPHION One18を採用
システムの核は、AVID Pro tools HDX / AVID MTRX 24in24out / DADMAN MOM

現代にマッチした、最新鋭システムの導入と、

音響監修にトニー・マセラティー氏と古賀健一氏を迎え、ピュアでナチュラルな理想のルームアコースティックを実現するための徹底的なルームチューニング。

複雑な空間造形と、適切に低音を逃がすために極力最低限に抑えられた遮音施工。

複合的な反射を狙い、サーモウールやグラスウール、ビニールでコーディングされたグラスウールなど、壁の内側に施された素材の異なるさまざまな吸音材と通常よりも厚みを持たせた床厚をはじめ、

国内のスタジオでは珍しい設計・施工手法の数々は、極めてナチュラルで音楽的な響きに貢献しています。

バンド1発録りや、カルテットの録音にも対応

自然で音楽的な鳴りを求め、ライブ寄りにチューニングされたメインブース。

ブース内の手前側がパーティクルボートを使った乾式、奥側がコンクリートを使った湿式とエリア分けされており、柔らかいニュアンスにしたいときは乾式、ソリッドな音色にしたいときは湿式というように、狙う鳴り方によって使い分けが可能というユニークなアイデアが採用されています。

ヴォーカルやギターはもちろん、ドラムやベース、ストリングスやホーンセクションなどのカルテット録音にも対応。

ライブ寄りにチューニングされたメインブースとは対照的に、デッド寄りにチューニングされた中ブースと小ブースは、それぞれエディットルームやボーカルブース、リアンプブースやナレーションブースとしても機能します。

各3ブースとSound Lock、コントロール・ルームは全て結線されており、それぞれ単独で使用することも、全ブースを同時稼働させてバンドの1発録りを行うことも、フレキシブルな使い分けと組み合わせが可能です。

PAGE TOP